ハーグ条約とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 条約 > 条約 > ハーグ条約の意味・解説 

ハーグ条約

別名:ヘーグ条約ヘイグ条約ハーグコンベンション
英語:Hague Convention

ハーグ国際私法会議において採択された条約総称。特に、「国際的な子の奪取の民事上の面に関する条約」を指すことが多い。

国際的な子の奪取の民事上の面に関する条約」は、児童拉致、あるいは、国際結婚した後の親争いで、親の一方子供自国に連れ出す、といった場合適用される子供16歳未満で、それまで居住地から強制的国外などに連れ出された場合には、原則的に、それまで居住地返還することが規定している。

このハーグ条約(国際的な子の奪取の民事上の面に関する条約)は、1980年締結された。2011年7月現在、日本批准ていないが、国際的離婚問題多くなるに連れて米国などから批准要請されている。2011年7月末に日本政府はハーグ条約の加盟決定した。

日本の家族法では夫婦間離婚成立した場合一方の親が子どもの親権を得ることになっており、共同親権認められていない大多数場合母親親権を握る。特にアメリカ人結婚した日本人女性離婚後に子どもを連れて帰国する場合トラブルになることが多く、これがハーグ条約違反に当たるという。米国連邦捜査局(FBI)では誘拐事件として、子どもを連れて帰った元日本人妻のリスト化もされている。

2013年5月現在、世界89カ国がハーグ条約に批准している。日本は主要8カ国の中で、唯一加盟ていない国家であるが、5月22日参院本会議でハーグ条約への加盟案が可決された。

ハーグ条約に加盟すれば、子どもを連れ戻しやすくなる一方で、元パートナーのもとへ引き渡さなければならない場合もある。

ハーグ条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/22 19:39 UTC 版)

ハーグ条約(ハーグじょうやく、英:the Hague Convention)とは、オランダハーグで行われたハーグ国際私法会議において締結された国際私法条約の総称。ヘーグ条約・ヘイグ条約と表記されることもある。




「ハーグ条約」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ハーグ条約に関連した本

ハーグ条約に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ハーグ条約」の関連用語

ハーグ条約のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ハーグ条約のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2014 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハーグ条約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS